天使のお使い埼玉店ブログ

2022-06-07 11:36:00

こんにちは! 萩原です❣

私の住んでいる地域は梅雨入りとなりました~

せっかく新調したサンダルを下す日はまだまだ先になりそうです💦

さて、

我が家の愛犬チェルが虹の橋を渡って2年が経ちました。

寒い部屋の中、チェルの娘達(にゃんこ)に体温を分けてもらいながら

ちょっとチェルの事をお話させてもらいますね😌

 

私は幼いころから動物が大好きでした。

大人になって動物と暮らすのが夢でした。

生涯で家族として迎え入れるのは1匹だけ(なぜか?)にしよう!

その子を大切に育てようと決めていました。

ミックス犬のチェルと出会ったとき、喜びと愛おしさでとても幸せでした。

チェルと出会えたことで幼いころからの夢の世界へ・・

チェルは大きな病気もなくスクスクと育ち

いつも家族の中心にいました。

そこに居るのが当たり前で、、、

私はチェルが亡くなるという現実を目の当たりにするまで

チェルの「死」について考えないようにしていたと思います。

そのチェルは後2か月で18才になるというところで亡くなりました。

13才ころ、

このまま体が弱っていってしまうのかと思った時期がありました。

老犬の域に入ってきたのかと・・

その後、ご縁があって2匹のにゃんこを我が家へお迎えする事となり

元気がなくなって弱々しくなっていたチェルは不思議なことに見事な復活を果たします。

動物を飼っていると 病院で診てもらってもよくならない症状でも

自分自身から愛がみなぎる時、いつも傍にいる家族からの愛を受けた時

驚異の体の回復をみせてくれることがあります。

この時のチェルは幼いにゃんこを自分で育てる!

可愛い!可愛い!と言っているように見えましたw

目に力がみなぎり、すっかり元気になってお母さん業を頑張っていました。

長くなりましたねww

続きは次回で書かせてもらいますね‼

私はチェルが亡くなる目前で、

これが死に向かっている姿なのかととても不安になりました。

亡くなり方はそれぞれですが、

このように最後を迎える子もいるんだと知ることで

お別れの時間が来た時に少しでもゆったりと過ごして頂ければ嬉しいです。