天使のお使い埼玉店ブログ

2022-02-03 23:42:00

「グリーフケア」って知っていますか?

初めまして!

7.7キロのチワワのげんき君とインコのレイちゃんを飼っている「天使のおつかい」埼玉店の美波(みなみ)瑠美です(*^^*)

私はペット終活アドバイザーも活動していますので、その情報も皆さんにご提供していきたい!と思っています。

今日は「グリーフケア」についてお話ししていきます。

グリーフというのは、喪失の予感がした時や喪失の悲しみを感じた時の心身の反応のことです。

これは、飼い主さんだけのものと思われがちですが、ペットちゃん側も感じることがあります。

ペットちゃんが元気な時からエンディングまでのグリーフケアをすることは、飼い主さんとペットちゃんの両方に大切なことです。

あなたもきっとそうだと思うのですが、私もげんき君やレイちゃんに毎日癒されています。

ペットも飼い主さんのことが大好きです。

ペットは、子供の存在に近いと言いますが、子供は大きくなったらハグさせてくれませんが(笑)、ペットはいつでも触れたり、抱っこしたりすることができます。

そして、「対、人」の時のように気遣いをしなくて済みます。

なので、自分のありのままの姿で接することができます。

その事で、「自分が認められている」と感じることが出来るので、笑顔になれるし、リラックスできるのです。

そして、毎日帰りを待ってくれているペットちゃんのお陰で「生きる意味」や「自分が必要とされている」と実感することができます。

なので、ペットちゃんを失った時の悲しみは計り知れないですし、病気になった時点で死を考えて震えてしまうほどの方も多くいらっしゃいます。

ペットの存在が大きければ大きいほど、グリーフが大きく発生します。

ここでは、ペットロス(ペットちゃんの死後のグリーフ)を軽減するためにも、ペットちゃんが病気になった時の考え方や終活ケアの方法などを公開していきます。

今日はまず、「グリーフ」という言葉を覚えていただければと思います。

では今日も、ペットちゃん達と一緒に過ごせる時間を楽しんで生きましょうね☆

それではまた!