天使のお使い埼玉店ブログ

2022-03-14 10:41:00
ペットが病気になった時

☆ペットのグリーフケア

グリーフについて前回お話ししていますが、グリーフは飼い主さん側だけでなく、ペットの方にもあります。

ペットがグリーフを感じる状況は

・体調や身体の変化

・人の表情が変わる

・人を失う

・病後の暮らしの変化

・仲間(ペット同士)を失う

・場所が変わる

・習慣を続けられない

などがあります。

 

ペットが病気になると、飼い主さんも不安や辛さで「普通」にすることが難しくなりますが、ペットちゃん側にもグリーフが起こっていることを思い出してください。

 

ペットの安心感は、環境はもちろんのこと、飼い主さんの「言葉」「雰囲気」からも得ることができます。

 

病気を発見した時など、飼い主さんと病院側だけで話しを進めず、言葉は話せないペットですが、飼い主さんに必ずグリーフのサインを送っています。

それを見過ごさず、変わりに気持ちを言葉にしてあげたり、「○○ちゃんがしてほしいことは何だろう?」など、ペットの気持ちになってみましょう。

その寄り添うこと自体が、ペットのグリーフケアに繋がります!

 

最後の日まで、楽しい時間を過ごしていきたいですね(*^^*)

 

 

だんだん暖かくなり、お散歩も気持ちのよい季節になってきました!

うちのげんき君は、お散歩中に花の匂いを嗅ぐのが好きなので

これから忙しくなりそうです!

 

それではまた☆

 

天使のお使い埼玉店 https://tenshino-otukai-saitama.com/

美波瑠美

1